home>カービュー月間 (2005年11月)人気車ランキング

プレスリリースPress Release

プレスリリースPress Release

カービュー月間 (2005年11月)人気車ランキング

2005年12月1日

 トータルカーライフサポートサイトの『カービュー』を運営する株式会社カービュー(本社:東京都中央区、社長:松本 基)は、2005年11月単月の人気車ランキング上位20車種を発表いたします。同ランキングは、カービューサイト内『クルマカタログ』における、車種ごとの閲覧ページ数(単位:ページビュー/各車の具体的な数値は公表できません)をもとに作成したものです。

※『クルマカタログ』 とは
現在、日本で新車販売されている国産車&輸入車の全モデルを車種ごとに紹介。各々の車両が登場した背景から、ラインナップ、ボディスペック、性能、装備品(オプション品を含む)に至るまで、気になるクルマの知りたい情報を完全網羅した新車総合カタログです。また、選択したモデルの情報だけにとどまらず、競合車とのスペック比較などが可能であるため、愛車の購入を考えている訪問者には絶大な人気を誇るコンテンツとなっています。

三菱が復活への第一歩を踏み出した
注目
モデル
11月
順位
10月
順位
動向 モデル名 カテゴリー メーカー名
1 (17) アウトランダー SUV ミツビシ
2 (1) IS 4ドアセダン レクサス
3 (6) オデッセイ ミニバン ホンダ
4 (4) レガシィ ツーリングワゴン ステーションワゴン スバル
5 (9) ハリアー SUV トヨタ
6 (5) ウィッシュ ミニバン トヨタ
7 (3) クラウンアスリート 4ドアセダン トヨタ
8 (7) 3シリーズ 4ドアセダン&ワゴン BMW
9 (12) スイフト ハッチバック スズキ
10 (11) ゴルフ ハッチバック フォルクスワーゲン
11 (10) ステップワゴン ミニバン ホンダ
12 (13) アクセラ ハッチバック マツダ
13 (-) エリーゼ オープン・カブリオレ ロータス
14 (8) GS 4ドアセダン レクサス
15 (-) プリウス 4ドアセダン トヨタ
16 (2) ラクティス ハッチバック トヨタ
17 (14) セレナ ミニバン ニッサン
18 (16) アテンザ 4ドアセダン&ワゴン マツダ
19 (20) アイシス ミニバン トヨタ
20 (15) シビック 4ドアセダン ホンダ
10ランク以上または20位以下からのUP  5〜9ランクUP  1〜4ランクUP
変化なし  1〜4ランクDown  5〜9ランクDown  10ランク以上Down
カービュー編集部の独自分析: ■ 新生三菱の第一弾「アウトランダー」が好発進!

 2005年もあと僅か。日本カー・オブ・ザ・イヤーは「マツダ ロードスター」が見事に受賞しましたが、11月の人気車ランキングを制したのは「三菱 アウトランダー」。新生三菱の旗じるしとしての役割も背負った本格オンロードSUVは、まさに三菱の技術と情熱を余すところなく注ぎ込んだ入魂の1台。勢いに乗る「レクサス IS」を抑えての快挙には、アウトランダー自体への注目度もさることながら、これからの三菱への期待も感じられます。逆風の続いた三菱としては、今度は注目度の高さを追い風に、販売面でも好調を維持したいところでしょう。

 2位は「レクサス IS」。惜しくも4連覇は逃しましたが、人気車ランキング内での存在感は全く薄れていません。“プレミアムセダン”を追求したISは、これまでの日本車を凌駕する質感の高さやハイテクな走行性能に加え、日本市場に適したボディサイズも強みになっていると考えられます。ブランド化を着々と進めるレクサスでは、今後も旗艦モデルの「LS」やハイブリッドモデルの投入などトピックには事欠きません。

 3位は「ホンダ オデッセイ」。順位をじわじわと上げてきたオデッセイが、久しぶりにベスト3入り。10月末のマイナーチェンジと同時に、エアロパーツを装着した特別仕様車も用意されました。装備の充実などの小変更であったにもかかわらず、きっちり順位を上げてくるあたり、さすが人気車ランキングの定番モデルです。

 その他の注目モデルは、13位の「ロータス エリーゼ」。紀宮さまと結婚された黒田さんの愛車ということで、大きな注目を集めました。圧倒的な存在感を放つレーシーなフォルムには、思わず欲しくなってしまったなんて人も多いことでしょう。そんな心理を意識してか、2006年モデルではユーザー志向にあわせた数多くのオプション装備が用意されています。

■ 今後の動きはいかに

 六本木ヒルズで初めて行われた最終選考会で、「マツダ ロードスター」が悲願の日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得しました。原点に立ち返ったコンセプト “クルマを操る歓び”を、軽量化をはじめとした最新テクノロジーによって実現させたことが、受賞に繋がったといえるでしょう。そして12月には、カービューサイト上にて「カービュー・オブ・ザ・イヤー2005」の投票が始まります。自動車評論家ではなく、ユーザーの皆様の“リアルな”投票が果たしてどのモデルを今年のナンバーワン・カーとするのか…ぜひ投票に参加して、その結果にもご注目ください。

 年末年始にかけては、東京モーターショーに出展されていたモデルの登場もあり、ランキングにひと波乱ありそうな気配。来月の人気車ランキングにもご注目ください。

Site Map