home>カービュー月間 (2004年12月)人気車ランキング

プレスリリースPress Release

プレスリリースPress Release

カービュー月間 (2004年12月)人気車ランキング

2005年1月5日

 トータルカーライフサポートサイトの『カービュー』を運営する株式会社カービュー(本社:東京都中央区、社長:松本 基)は、2004年12月単月の人気車ランキング上位20車種を発表いたします。同ランキングは、カービューサイト内『新車データベース』コーナーにおける、車種ごとの閲覧ページ数(単位:ページビュー/各車の具体的な数値は公表できません)をもとに作成したものです。

※『新車データベース』 コーナーとは
現在、日本で新車販売されている国産車&輸入車の全モデルを車種ごとに紹介。各々の車両が登場した背景から、ラインナップ、ボディスペック、性能、装備品(オプション品を含む)に至るまで、気になるクルマの知りたい情報を完全網羅した新車総合カタログです。また、選択したモデルの情報だけにとどまらず、競合車とのスペック比較などが可能であるため、愛車の購入を考えている訪問者には絶大な人気を誇るコンテンツとなっています。

トヨタが2004年のラストを飾る1-2フィニッシュ!
注目
モデル
12月
順位
1月
順位
動向 モデル名 カテゴリー メーカー名
1 (1) マークX 4ドアセダン トヨタ
2 (5) アイシス ミニバン トヨタ
3 (6) アクセラ ハッチバック&セダン マツダ
4 (8) オデッセイ ミニバン ホンダ
5 (11) レガシィ ツーリングワゴン ステーションワゴン スバル
6 (9) 3シリーズ 4ドアセダン&ワゴン BMW
7 (13) ハリアー SUV トヨタ
8 (2) フーガ 4ドアセダン ニッサン
9 (15) ウィッシュ ミニバン トヨタ
10 (10) ゴルフ ハッチバック フォルクスワーゲン
11 (14) MINI ハッチバック BMW
12 (12) ティーダ ハッチバック ニッサン
13 (16) アテンザ 4ドアセダン&ワゴン マツダ
14 (19) ムラーノ SUV ニッサン
15 (17) レガシィB4 4ドアセダン スバル
16 (20) 5シリーズ 4ドアセダン&ワゴン BMW
17 (3) スイフト ハッチバック スズキ
18 (-) RX-8 クーペ マツダ
19 (-) トゥアレグ SUV フォルクスワーゲン
20 (-) エルグランド ミニバン ニッサン
10ランク以上または20位以下からのUP  5〜9ランクUP  1〜4ランクUP
変化なし  1〜4ランクDown  5〜9ランクDown  10ランク以上Down
カービュー編集部の独自分析: ■絶好調の「マークX」がV2を達成!

 2004年最終月の人気車ランキングを締めくくったのは、見事にV2を達成した「トヨタ マークX」。同モデルは販売を開始した2004年11月9日から同年12月8日までの1ヶ月間で、約2万2000台を受注。当初の月間販売目標台数の5000台を4倍以上上回るスタートダッシュを決めています。顧客層は男性が中心で、美しいスタイルや室内の質感、運動性能の高さなどが評価されているとのこと。「マークX」には「新時代の目標となるクルマで、新たな歴史を切り拓く」というトヨタの気概が込められていますが、未知なる可能性に挑んだトヨタの第一歩は成功したと言えるでしょう。

 2位は「トヨタ アイシス」。実用性をより重視して開発された同モデルは、助手席側に最大1890mmという大きな開口幅を確保した“パノラマオープンドア(センターピラー内蔵ドア)”が最大の特長。また3列シートが備わる室内には、背もたれを前に折りたためる助手席タンブルシートや後方床下格納機能付きサードシートを採用するなど、利便性の高いユーティリティが魅力の1台です。

 3位は国産ハッチバックの人気モデル「マツダ アクセラ」。“コンパクトカーの世界標準”という大きな目標を掲げた同モデルは、コンパクトカーの本場である欧州でも高い評価を受けています。従来から経済的で信頼性の高い国産ハッチバックに、“スタイリッシュなデザイン”、“質感”、“走り”の魅力を加えると、こんなクルマを作れるのだという良い見本かもしれません。

 その他の注目モデルは、本格的なウインターシーズンを目前に控え、ユーザーから熱い視線を浴びたSUVモデル3台。「トヨタ ハリアー」、「ニッサン ムラーノ」、「フォルクスワーゲン トゥアレグ」は軒並みジャンプアップを果たしています。ウインタードライブで活躍する機能を備えつつ、もっとも“絵”になるのは、やはりSUVといったところでしょう。<

■今後の動きはいかに

 カービュー・ユーザーが決める「今年の1台」、“カービュー・オブ・ザ・イヤー2004”が「ニッサン フーガ」に決定! 投票開始直後から「ホンダ レジェンド」とともに国産セダンのニューカマー対決を繰り広げましたが、最後に抜け出した「フーガ」が見事にグランプリを勝ち取りました。全体的にはトップ10を国産モデルが独占し、昨今の輸入車モデルの勢いから考えると少し意外に感じる結果となりました。見方を変えれば、国産モデルに対する元々の信頼性の高さや最近の国産ニューモデルに見られるクルマ作りの方向性などに共感が集まったと言えるのかもしれません。

 さて、今月の人気車ランキングでは定番の“4ドアセダン”もさることながら、“ミニバン”と“SUV”の元気の良さが目立ちます。帰省やウインタースポーツなど多人数ドライブが増える季節となり、俄然注目度が高くなったようです。また今月は月間ランキングと同時に、2004年・年間ランキングも発表しています。2004年に一番注目を浴びたのはいったいどのモデルでしょうか!? こちらも要チェックです。

 今年もカービューおよび人気車ランキングを宜しくお願い致します。

Site Map