home>カービュー月間 (2003年12月)人気車ランキング

プレスリリースPress Release

プレスリリースPress Release

カービュー月間 (2003年12月)人気車ランキング

2004年1月6日

 トータルカーライフサポートサイトの『カービュー』を運営する株式会社カービュー(本社:東京都中央区、社長:松本 基)は、2003年12月単月の人気車ランキング上位20車種を発表いたします。同ランキングは、カービューサイト内『新車データベース』コーナーにおける、車種ごとの閲覧ページ数(単位:ページビュー/各車の具体的な数値は公表できません)をもとに作成したものです。

※『新車データベース』 コーナーとは
現在、日本で新車販売されている国産車&輸入車の全モデルを車種ごとに紹介。各々の車両が登場した背景から、ラインナップ、ボディスペック、性能、装備品(オプション品を含む)に至るまで、気になるクルマの知りたい情報を完全網羅した新車総合カタログです。また、選択したモデルの情報だけにとどまらず、競合車とのスペック比較などが可能であるため、愛車の購入を考えている訪問者には絶大な人気を誇るコンテンツとなっています。

オデッセイ強し!見事にV3達成!

カービュー編集部の独自分析: ■オデッセイV3達成

 2003年最後の月間ランキングを制したのは「ホンダ・オデッセイ」。これで、10月の発売から3ヶ月連続の1位達成です。3代目となる同モデルはロー&ワイドな新しいスタイリングに加えて、厳しい条件のテストコースで鍛え上げられた走行性能が特徴。“走りのミニバン”という新しいジャンルを確立しようとするホンダの意欲的な姿勢が、ユーザーに受け入れられているのかもしれません。

 2位は、見事に2003年・年間ランキング1位に輝いた「トヨタ・ウィッシュ」。11ヶ月連続ベスト3以内という圧倒的な強さを見せた同モデルは、もはや説明の必要もないほど、広く知られたモデルに成長しました。

 3位は、年間ランキング2位の「スバル・レガシィツーリングワゴン」。ワゴンの中で圧倒的な支持を集める「ツーリングワゴン」、年間ランキング4位の「B4」に続き、独自の存在感を誇る「アウトバック」がランクインすれば、“レガシィ・シリーズ”揃い踏みとなります。

 このほかの注目モデルとしては、なんといっても12代目となる「トヨタ・クラウンロイヤル」が10位にランクインしていることに目を奪われます。12月22日に発表されたばかりだというのに、ユーザーの関心度の高さには驚くばかりです。また、先日マイナーチェンジをした「ホンダ・ストリーム」が15位に、「トヨタ・イプサム」が19位にそれぞれ圏外からランクインしています。<

■今後の動きはいかに

 カテゴリー別で見ると、ベスト20までにミニバンが5車種、4ドアセダンが5車種、ハッチバックが4車種ランクイン。2004年もこの3カテゴリーが中心となっていきそうです。

 ランキング全体を見ると、先月からランクインした「マツダ・アクセラ」、「トヨタ・シエンタ」、「トヨタ・アベンシス」が、今月も順当にランクイン。今後もランキングの常連となっていけるのでしょうか?

 そして、トヨタが最多の8車種をランキングに送り込んだことにも要注目です。そのトヨタに押されたかのように、ついに輸入車勢はBMWの3車種のみに。個性あふれるクルマが揃う中、とび抜けた注目を集めるクルマが無く、人気が分散しているのでしょうか?

 さて、今月は月間ランキングと同時に、2003年・年間ランキングも発表しています。両方のランキングを比較しながら見てみると、これまでの傾向や“今”の注目車種が見えてくると思います。2004年もカービューが発表する人気車ランキングが、クルマ選びの参考になれば幸いです。

Site Map