home>カービュー月間 (2004年6月)人気車ランキング

プレスリリースPress Release

プレスリリースPress Release

カービュー月間 (2004年6月)人気車ランキング

2004年7月1日

 トータルカーライフサポートサイトの『カービュー』を運営する株式会社カービュー(本社:東京都中央区、社長:松本 基)は、2004年6月単月の人気車ランキング上位20車種を発表いたします。同ランキングは、カービューサイト内『新車データベース』コーナーにおける、車種ごとの閲覧ページ数(単位:ページビュー/各車の具体的な数値は公表できません)をもとに作成したものです。

※『新車データベース』 コーナーとは
現在、日本で新車販売されている国産車&輸入車の全モデルを車種ごとに紹介。各々の車両が登場した背景から、ラインナップ、ボディスペック、性能、装備品(オプション品を含む)に至るまで、気になるクルマの知りたい情報を完全網羅した新車総合カタログです。また、選択したモデルの情報だけにとどまらず、競合車とのスペック比較などが可能であるため、愛車の購入を考えている訪問者には絶大な人気を誇るコンテンツとなっています。

輸入車勢初の快挙!ゴルフがV2を達成!
注目
モデル
6月
順位
5月
順位
動向 モデル名 カテゴリー メーカー名
1 (1) ゴルフ ハッチバック フォルクスワーゲン
2 (16) エリシオン ミニバン ホンダ
3 (3) 3シリーズ 4ドアセダン BMW
4 (2) オデッセイ ミニバン ホンダ
5 (4) MINI ハッチバック BMW
6 (8) レガシィツーリングワゴン ワゴン スバル
7 (-) アルファードG ミニバン トヨタ
8 (7) ウィッシュ ミニバン トヨタ
9 (12) ハリアー SUV トヨタ
10 (10) アクセラ ハッチバック マツダ
11 (17) レガシィ B4 4ドアセダン スバル
12 (9) 5シリーズ 4ドアセダン BMW
13 (-) フィット ハッチバック ホンダ
14 (5) ガヤルド 2ドア(クーペ・スポーツ) ランボルギーニ
15 (11) 360モデナ 2ドア(クーペ・スポーツ) フェラーリ
16 (13) Eクラス 4ドアセダン メルセデス・ベンツ
17 (14) セルシオ 4ドアセダン トヨタ
18 (-) エルグランド ミニバン ニッサン
19 (-) A4 4ドアセダン アウディ
20 (6) ムルシエラゴ 2ドア(クーペ・スポーツ) ランボルギーニ
10ランク以上または20位以下からのUP  5〜9ランクUP  1〜4ランクUP
変化なし  1〜4ランクDown  5〜9ランクDown  10ランク以上Down
カービュー編集部の独自分析: ■エリシオンの猛追を振り切り、ゴルフがV2達成!

「ホンダ エリシオン」の猛追を振り切り、見事V2を達成した「フォルクスワーゲン ゴルフ」。輸入車勢の2週連続1位は、人気車ランキングが始まった年以来、初めてのこと。日本において10年連続で最も売れている輸入車であり続けている「ゴルフ」がそのV2を達成したのは、ある意味必然といえるかもしれません。5代目新型「ゴルフ」は、“ゴルフだけがゴルフを超える”、“史上最強のゴルフ”のキャッチコピーを掲げ、ボディサイズを拡大するとともに、特に“走り”の性能を格段に進化させたと言うことです。他メーカーの競合モデル投入が急速に増加する中、小型車のベンチマークといえる「ゴルフ」も、うかうかとしていられないというところでしょうか。

2位は「ホンダ エリシオン」。ホンダファン待望の“ラージミニバン”が先月16位から2位に堂々のランクイン。競合モデルよりも長く、幅広でありながら車体は10cm以上も低い、ワイド&ローなスタイルが特徴の同モデルは、クルーザーのラウンジをモチーフにした室内空間をはじめ、座席3列すべての快適性を追求しています。

3位は、「BMW 3シリーズ」。現行型は3シリーズとしては4代目となるモデル。現行型の人気モデルは、圧倒的にツーリングとセダンのMスポーツパッケージ装着車とのこと。

その他の注目モデルは、「ホンダ エリシオン」の登場で再上昇してきた7位の「トヨタ アルファードG」、18位の「ニッサン エルグランド」。3つ巴による“ラージミニバン”戦線の加熱は、購入を検討しているユーザーにとっては喜ばしいことでしょう。

■今後の動きはいかに

 カテゴリー別で見ると、ベスト20までに“ミニバン”が5車種ランクイン。しばらく低迷していた“ミニバン”ですが、「ホンダ エリシオン」の登場で再び脚光を浴びてきました。また、9位にランクインの「トヨタ ハリアー」が上昇の気配を見せています。このカテゴリーでは、「ポルシェ カイエン」、「BMW X5」、「フォルクスワーゲン トゥアレグ」、「ボルボ XC90」など、各輸入車メーカーが強力なラインナップを取り揃えていますが、その中で「トヨタ ハリアー」は国産プレミアムSUVの雄としての存在感を誇示しています。

 輸入車勢は、国産メーカーの巻き返しもあり、今月は9車種のランクイン。そして久しぶりに登場したのが、現在はアウディの最量販モデルとなっている「アウディ A4」。地元ドイツでは、“メルセデスオーナーは葉巻を吸い、BMWオーナーは紙巻タバコ、そしてアウディオーナーはノンスモーカー”と喩えられるように、クリーンで現代的なイメージが強いアウディですが、日本での販売実績も着実にアップしています。

 さて、今月は「エリシオン」、「オデッセイ」、「フィット」がランクインした「ホンダ」の元気の良さが目立ちました。その他の国産メーカーも6月から7月にかけて、精力的にニューモデルを投入する予定です。対する輸入車勢も「BMW X3」、「アルファ GT」などの注目モデルが目白押し。夏本番を前に、自動車業界もさらにヒートアップしてきました。

Site Map