自動車のことならcarview

MCC スマートK
取材協力 :ダイムラー・クライスラー日本株式会社(2001年11月22日取材)

緊急試乗レポート MCC スマートK

MCC スマートK
車種追加
(2001年10月24日発表)
 
レポート 岡崎 五朗
MCC スマートKクルマ総合カタログ
MCC スマートK 新車 見積もり

MCC スマートK かねてから上陸が噂されていたスマートの"軽自動車版"が発売された。ネーミングはスマートK。当然のことながら"K"は"軽"自動車のKである。
 そもそもスマートは、一点を除けば当初から軽自動車規格を満たしていた。大きく張り出したリアフェンダーの影響で、軽自動車枠の全幅1480mmをわずかにオーバーしてしまっていたのだ。そこに目を付けた一部の業者は、オフセット違いのリアホイールを組み込んでタイヤを内側へ引っ込め、そこにスリークなリアフェンダーを組み合わせることによって、軽自動車として販売していた。

 その点、スマートKは、MCC社の親会社であるダイムラー・クライスラー社が手掛けた軽自動車版だけに、お手軽な改造では終わっていない。リアタイヤは当然細くなっているが、それにバランスさせるべく、フロントにも1サイズ細めのタイヤを採用。なおかつ、前後トレッドにも微妙な変更を加えている。スマートは、操縦安定性の問題を理由に発売を6カ月ほど延期した苦い経験を持っている。そんなこともあり、ダイムラー・クライスラーとしては、スマートKにも万全のチューニングを施すことが必要だと判断したのだろう。そして、もう一点。大きなニュースといえるのが右ハンドル化だ。普通車版のスマートにも右ハンドル仕様が追加されたが、スマートKの場合、左ハンドル仕様は選べず、右ハンドル車のみとなっている。


 スマートKの価格は127万円。スマートと比べて3万円安い。しかし、取得税(普通車の5%に対して軽自動車は3%)、自動車税、重量税、自賠責保険料といった諸経費を含めて考えると、当初3年間に財布から出ていく金額には約11万円の差が出る。また、軽自動車は任意保険や高速道路料金でも優遇されている。エンジンはまったく同じ、重量も10kgしか軽くなっていないので燃料代の節約は期待できないが、スマートと比べてスマートKが経済的なクルマであることは間違いない。

 ただし、装備内容を眺めると3万円の価格差以上の違いがあることに気付く。スマートとのもっとも大きな違いは、ルーフがガラス製から普通のメタル製に変わっている点だ。さらに、ステアリングは本革からウレタン製になり、フロントフォグランプも省略されている。また、スマートには標準装備されるバニティーミラーやカップホルダー兼用小物入れ、ラゲッジカバー、タイヤリペアキット、ホイールカバーもオプション扱いとなる。その他、ボディ外板の一部がシルバーからブラックになり、内装色も1色に固定されるなど、はっきりいって装備差は明らかに3万円分を超える。
 軽自動車版を造った手間賃を乗せているのか、それともスマートKではなく、スマートの方をたくさん売りたいがための策略なのか、ダイムラー・クライスラー側の真意は判らない。しかし、小さいのに質が高くて豊か・・・・・・というスマートの魅力が、装備の簡略化によってスポイルされてしまったのは間違いなく、残念だ。

MCC スマートK MCC スマートK MCC スマートK

それぞれの写真をクリックすると拡大表示します


MCC スマートK 右ハンドル車の出来栄えは悪くない。ホイールハウスの膨らみによってペダル類はわずかにオフセットしているが、違和感はほとんどない。慣れが解決してくれるレベルだ。右ハンドル化によって得られるメリットと天秤に掛ければ、お薦めはやはり右ハンドル車である。動力性能はスマートと同じ。街中の流れに乗ることなど朝飯前。むしろ、流れを積極的にリードしていけるだけの加速性能を備えている。高速道路では速いクルマに道を譲らなければならないケースもあるが、緩い登り勾配を含め、120km/h巡航は十分に可能だ。マニュアルモード付き電子制御6速ATは、シフトアップ時のつんのめり感が多少気になるものの、アクセル操作のコツをつかんでしまえばスムーズに走らせることも可能。女性が乗る場合に問題になるのは、むしろ坂道発進だろう(クリープがないため)。

MCC スマートK  スマートKのタイヤサイズは、フロント135/70R15、リア145/65R15。スマートに対してフロントは1サイズ、リアは3サイズほど細くなっている。その分、コーナリングの限界は落ちているし、下りの高速コーナーを目一杯攻めたときなどの安心感も若干後退している印象だ。しかし、専用のサスペンション・チューニングとエレクトロニック・トラクション&スタビリティ・コントロールの働きにより、危険な領域に入り込むことはない。クルマのキャラクターを考えれば、コーナリング性能の若干の低下は十分に許容できるレベルだと僕は思う。それよりも何よりも、個人的にはスマートと完全に同レベルの装備内容をもつスマートKをリリースして欲しいと思う。