自動車のことならcarview
緊急試乗レポート
ロータス エリーゼ 111S 試乗レポート
ロータス エリーゼ 111S クルマ総合カタログ
ロータス エリーゼ 111S 新車 見積もり
ロータス エリーゼ 111S

レポート : 斎藤 聡 
写真 : 小林 俊樹

取材協力 :エルシーアイ株式会社
※各写真をクリックすると拡大表示します
ロータス エリーゼ 111S
ロータス エリーゼ 111S
ロータス エリーゼ 111S プロフィール
 エリーゼはイギリスのスポーツカーメーカーの名門“ロータス社”が久々に世に送り出したライトウエイトスポーツカーだ。1995年のフランクフルトショーで発表され、スーパー7、エラン、ヨーロッパ…などと、歴代発売された超ライトウエイトスポーツの血を受け継ぎ、2シーター・ミッドシップのレイアウトを持つ正統派ブリティッシュ・ライトウエイトスポーツだ。

 ちなみにボディは、バスタブ型のアルミフレームにFRP製のボディ外板を被せ、まるでレーシングカーのような造り。なんといっても車両重量はわずか742kg(!)という軽さ。搭載するエンジンはローバー社の1.8リッター 直列4気筒ユニットがベースで、パワーも156psと控えめ。

 だが、小さなエンジンを軽量ボディに載せて操縦性で勝負するのがライト・ウエイト・スポーツの醍醐味。日本ではライト・ウエイト・スポーツを世界的に復活させた立役者ユーノス・ロードスターの存在を忘れてはいけないが、それでも1000kgを少々超える車重を持っている。それよりも、さらに300kgもエリーゼは軽いのだ。一方は量産車、他方は、ほとんど工場制手工業的に製作されるスペシャルカーという決定的な違いだ。
NEXT >>
RIVALS REPORTS
>> メルセデスSL55AMG >> トヨタ MR-S >> マツダ ロードスター >> シボレー コルベット
>> その他のレポート
[PR] あなたの愛車は今いくら?【無料】