自動車のことならcarview
緊急試乗レポート スバル インプレッサシリーズ
スバル インプレッサシリーズ
このクルマについてもっと知りたい
  >> オーナーのレポート集
  >> ライバルとの比較は?
  >> 掲示板で語り合う
  >> カタログを見る
  >> 新車の乗り出し価格は?
スバル インプレッサシリーズ
[PR] 愛車の価格、ご存知ですか?大手50社以上が即答します。【無料】

レポート : 斎藤 聡
写真 : 小林 俊樹

取材協力 : 富士重工業株式会社
※各写真をクリックすると拡大表示します
スバル インプレッサシリーズ
スバル インプレッサシリーズ
スバル インプレッサシリーズ
スバル インプレッサシリーズ
スバル インプレッサシリーズ
スバル インプレッサシリーズ プロフィール
 インプレッサシリーズのマイナーチェンジが行われ、7月1日からの発売となる。今回のポイントは、WRX STiシリーズのスペックCに準じたパフォーマンスアップと、2リッターNAエンジンの廃止および1.5リッターエンジンの装備および機能性の向上。スペックCでは、最大トルクが42.0kg-mまで高められ、またハブおよびハブベアリングを強化するとともに、PCD(※)を100mmから114.3mmに変更し、ホイール取付け部の剛性を向上させるなど、かなり力の入った変更が行われたが、なんとWRX STiも同様のパフォーマンスアップが施されている。エンジンに関していえば、違いはタービンのみで、スペックCのタービンがボールベアリングとなり、ほかのSTiシリーズと異なる以外は、チューニングの内容はまったく同じ。パワースペックも最高出力280ps/6400rpm、最大トルク42.0kg-m/4400rpm でスペックCと同様だ。

 ボディ、シャシー関係では、スペックCに装備されていたアルミ製トランク、アルミ製リヤラテラルリンク、フロント・ストラットタワーバー、リヤ・クロスメンバーなどの一部強化および軽量化パーツが省略されているだけで、ステアリングマウント方式がキャノンマウント(ボルト止め方式)になっている他、ステアリングラック径がスペックCと同サイズに統一され、キャスター角やスタビライザー径も同一とされた。また、オプションでセンターデフにヨーレートセンサーの付いたDCCDオートも用意されている。もちろん、PCDは114.3mmにアップしており、タイヤも235/45R17となる。

 WRXは装備の充実が主な変更点。15iシリーズでは、インプレッサの持つスポーティなイメージを取り入れた変更を施したことに加えて、スポーティでカジュアルな装備を持つ15iリミテッドを追加している。

※PCD…ホイールを固定するボルトの中心点を結んでできる円の直径(mm)

 Back  |   プロフィール   評価すべき点   課題・まとめ   |  Next  
     
  試乗レポート一覧    
 このレポートについて掲示板で話そう

この記事へのトラックバックURL
http://feed.carview.co.jp/tb.aspx?t=content&i=653
Trackback(2)

スバル インプレッサシリーズ ライバルレポート
>> 徹底比較:日本最速の2車対決 >> マツダ RX-8 >> ニッサン スカイライン
>> トヨタ TRD 3車種 >> スバル レガシィシリーズ >> スバル フォレスター
[PR] 愛車の価格、ご存知ですか?大手50社以上が即答します。【無料】

愛車無料査定
1. クルマの種類を選択してください
2. 郵便番号を入力
-
企業情報プレスリリースIR採用情報 加盟 車査定会社一覧加盟店募集ヘルプ利用規約
© 2014 Carview Corporation All rights reserved.
本サイトは株式会社カービューによって運営されています。 掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございますのでご注意ください。
カービューおよびみんカラの名称、ロゴマークは、株式会社カービューの登録商標です。Webサイト上のロゴ等の知的財産権は権利者に帰属します。
株式会社カービュー 東京都公安委員会許可 第301050408070号