自動車のことならcarview

フォトインプレッション  >  トヨタ マークX ジオ

 トヨタは26日、マークXの名を冠した3列シート低床ミニバン“マークX Zio(ジオ)”を発表した。

 マークX ジオは、もともと2005年の東京モーターショーで登場したコンセプト「FSC」に端を発しており、独立4座+自在にアレンジできる3列シートとラゲッジスペースは「4+Free」という開発コンセプトで実車に受け継がれた。セダン感覚で大人4人がゆったり過ごせる贅沢なキャビンスペースと広いラゲッジが最大のウリで、ターゲットは子育てを終えた団塊世代の夫婦を狙っているという。

 ボディサイズは、全長×全幅×全高=4695(−5)mm×1785(−15)mm×1550(±0)mm、ホイールベース2780(-50)mm。※()内はライバルとされるホンダオデッセイ値比。2列目を独立2座にした6人乗りのほか、2列目をベンチシートにした7人乗りも用意される。

 パワートレインは、2.4リッター直4(163ps/2.6kg-m)と、デュアルVVT-i機構を搭載する3.5リッターV6(280ps/35.1kg-m)をラインナップ。それぞれCVTと6速ATが組み合わされる。10.15モード燃費は直4モデルが12.8、V6モデルは10.2km/リッターを達成(いずれもFF車)。足回りは前マクファーソンストラット、後ダブルウィッシュボーン。タイヤ&ホイールは、グレードによって225/45R18アルミ、215/60R16アルミ、215/60R16スチールを履く。

 インテリアでも“大人を心地よくもてなす”をテーマに、各所で高級感を演出。センターアームレストなど乗員の手に触れる場所にはソフトパッドを多用するほか、センターパネル、ドアスイッチパネル、メータークラスターなどにはブラックヘアライン加工が施された。ドアロックを解除すると、4座の足元照明が乗員を出迎える“ウェルカムパフォーマンス”なども設定。上位グレードにはマークXセダン譲りの白色LEDを使った天井大型間接照明なども設置される。

 前後席間距離にもこだわり、マークX(950)やクラウン(960)を超える980mmを実現。セカンドシートは150mmのスライドと20度のリクライニング機構も搭載し、ゆとりのキャビンを追求したとする。ちなみにセカンドシートはヘッドレストをつけたままでも格納できるダブルフォールディング式。プラス2のサードシートは5:5分割で、格納も引き起こしも操作が簡単なチルトダウン式となる。

 装備面では、左右独立オートエアコン、チルト&テレスコピックステアリング、オプティトロンメーターなどが標準。S-VSC、ヒルスタートアシスト、SRSサイド&カーテンシールドエアバッグ、アクティブヘッドレストなどの安全装備も全車標準だ。

 価格は廉価モデル「240F・FF」271万円〜最上位グレード「350G・FF」333万円まで。

写真:吉田宏隆
トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ
トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ
トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ
トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ
トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ
トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ トヨタ マークX ジオ
愛車無料査定
1. クルマの種類を選択してください
2. 郵便番号を入力
-
企業情報プレスリリース採用情報 加盟 車査定会社一覧加盟店募集ヘルプ利用規約
© 2017 Carview Corporation All rights reserved.
本サイトは株式会社カービューによって運営されています。 掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございますのでご注意ください。
カービューおよびみんカラの名称、ロゴマークは、株式会社カービューの登録商標です。Webサイト上のロゴ等の知的財産権は権利者に帰属します。
株式会社カービュー 東京都公安委員会許可 第301050408070号