carview!

カービュー月間 (2006年1月)人気車ランキング

 トータルカーライフサポートサイトの『カービュー』を運営する株式会社カービュー(本社:東京都中央区、社長:松本 基)は、2005年11月単月の人気車ランキング上位20車種を発表いたします。同ランキングは、カービューサイト内『クルマカタログ』における、車種ごとの閲覧ページ数(単位:ページビュー/各車の具体的な数値は公表できません)をもとに作成したものです。

※『クルマカタログ』 とは
現在、日本で新車販売されている国産車&輸入車の全モデルを車種ごとに紹介。各々の車両が登場した背景から、ラインナップ、ボディスペック、性能、装備品(オプション品を含む)に至るまで、気になるクルマの知りたい情報を完全網羅した新車総合カタログです。また、選択したモデルの情報だけにとどまらず、競合車とのスペック比較などが可能であるため、愛車の購入を考えている訪問者には絶大な人気を誇るコンテンツとなっています。

アウトランダーが2006年のスタートを飾る

“2006ダカールラリー”では、三菱が大会新記録となる6連勝を飾りました。その勢いさながらに、2006年最初の人気車ランキングでは「三菱 アウトランダー」が3連覇を達成。販売面でも好調なアウトランダーですが、特に”Gグレード”の7人乗りが一番人気。基本をしっかり押さえつつ、ミニバンユーザーを意識して3列シートを用意した三菱の狙い通りといったところでしょうか。このグレードに標準装備されるロックフォードフォズゲート社製の9スピーカーシステムが高く評価されている点にも注目です。

 2位は、コンセプトカーそのままの姿でデビューした「トヨタ bB」。“妖しさ、いかつさ”をテーマにしたその派手なエクステリアが目を惹きます。また、“クルマ型Music Player”を目指したというその車内には9つのスピーカーを装備。音に連動したイルミネーションまで用意され、エクステリアに勝るとも劣らない個性を発揮しています。

 3位は「BMW 3シリーズ」。2005年の総合ランキングを制した人気モデルは今年も健在です。ランキングでは後塵を拝してきた同じミディアムサルーン・クラスにおけるライバル、「レクサス IS」を抜き返し、底力を見せました。今後も「スバル レガシィツーリングワゴン」を含めた定番モデル3台の争いから目が離せません。

今後の動きはいかに

 初登場1位もあるかと思われたトヨタの「bB」や「エスティマ」のフルモデルチェンジにもかかわらず、好調のアウトランダーが強さを見せ付けました。1月にはトヨタ以外にも続々と新型車が登場。代表的なものだけでも「スズキ MRワゴン」、「フォルクスワーゲン ジェッタ」、「メルセデス Bクラス」などいずれ劣らぬ注目モデルで、空前のニューモデルラッシュとなりました。アウトランダーの好スタートで弾みをつけた三菱としても、軽では画期的なミッドシップレイアウトの「i」で、さらなるジャンプアップを狙いたいところでしょう

 ミニバンでは、今月9位の「トヨタ エスティマ」に続き、2月には「マツダ MPV」のフルモデルチェンジが予定されています。セダンやSUVに押され気味だったミニバン勢の巻き返しにも注目です。来月の人気車ランキングもお楽しみに!