自動車のことならcarview

試乗レポート   

メルセデス・ベンツ
SLRマクラーレン ロードスター

レポート:島下泰久
写真:ダイムラークライスラー
試乗ステージ:ドイツ・フランクフルト近郊

【 SLRマクラーレン ロードスター 】

全長×全幅×全高=4656mm×1908mm×1281mm、ホイールベース=2700mm、車重=1825kg、駆動方式=FR、エンジン=5.4リッターV8SOHCスーパーチャージャー [460kW(626ps)/6500rpm、780Nm(79.5kg-m)/3250-5000rpm]、トランスミッション=5速AT、価格=7000万円

メルセデス・ベンツ SLRマクラーレン
メルセデス・ベンツ SLRマクラーレン

F1ではノーズ部分までモノコックで一体成型されるが、主にエンジン搭載のためか、ロードゴーイングカーのマクラーレンSLRはフロントバルクヘッドから前方にトラス状に組んだアルミ鋼管フレームが伸びて、エンジンやサスペンションを支持する。その先のバンパー構造材は、クラッシャブル構造を持つ筒状のカーボンアームが支える。

メルセデス・ベンツ SLRマクラーレン

ガルウイングドア(クーペモデル)、ボッシュのインジェクターを使った市販車初の、3リッターガソリン直6直噴ユニットなど、50年以上昔に登場したとは思えない近未来的スペックで登場した300SL。レースカーの300SLRは300SLではなく、レースカーのW196をベースに作られた。

名車300SLRの由緒正しき末裔

 1995年からタッグを組んでF1世界選手権に参戦し続けているメルセデス・ベンツとマクラーレンが共同で開発した夢のスーパースポーツカー、メルセデス・ベンツSLRマクラーレンは、1999年1月のデトロイト・モーターショーに出品されたコンセプトカー「ヴィジョンSLR」を市販化したモデルである。「ヴィジョン〜」というのはメルセデスが市販を前提としてショーカーに付けるネーミングだが、実はこの時点ではヴィジョンSLRは単なるデザインスタディモデルに過ぎず、中身はそれに合わせて後から具現化されていったというこぼれ話もある。

 その最大の特徴が、ワンピース成形のフルカーボンモノコックキャビンにアルミ製サブフレームを組み合わせたボディだ。当然、ボディ表皮もフルカーボン製。スチールに較べて50%の重量低減を実現するこの新素材を量産車に用いたことこそ、まさにマクラーレンの持つF1テクノロジーの結晶と言える。そして、その長い長いボンネットの下には、最高出力626psを発生するAMG製V型8気筒5.5リッターSOHCスーパーチャージャー・ユニットを搭載する。

 そもそもSLRとは、1955年にイタリアで開催された公道レース、ミッレミリアを制するなど当時のレースシーンを席巻した300SLRを起源とする由緒正しきネーミングである。21世紀のSLRはレースにこそ参加していないが、名門マクラーレンとのタッグによって、その名に相応しいスーパースポーツカーとして降臨したのだ。

愛車無料査定
1. クルマの種類を選択してください
2. 郵便番号を入力
-
企業情報プレスリリース採用情報 加盟 車査定会社一覧加盟店募集ヘルプ利用規約
© 2017 Carview Corporation All rights reserved.
本サイトは株式会社カービューによって運営されています。 掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございますのでご注意ください。
カービューおよびみんカラの名称、ロゴマークは、株式会社カービューの登録商標です。Webサイト上のロゴ等の知的財産権は権利者に帰属します。
株式会社カービュー 東京都公安委員会許可 第301050408070号